池袋駅の中で街の人が集って遊ぶ、池袋ローカルゲート、はじまるよー


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 

池袋東口目の前に、街の人が自由に遊べる表現できる場所ができてる。

池袋ローカルゲート!

 

    

豊島区にゆかりのある街の人の作品展示や販売をしてる。

街の人たちがものづくりしてるところを、目の前で見られるようなブースもあったり。

靴を脱いでゆったりできるこあがりもある。

駅の中で靴を脱いでゆったりできるスペースがあるなんて、面白い。

子供がめっちゃはしゃいでいる。

この記事も、靴を脱いでくつろぎながら、その場の雰囲気をそのまま書いてます。

つぎつぎと街のプレイヤーたちが集まってきて、街の情報がギュッとつまっている空間になってる。


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら