手拍子足踏みで大規模フラッシュモブを仕掛けよう! 池袋で生まれた「手拍子足踏み楽団」ワークショップに参加してきました♪

手拍子足踏みで大規模フラッシュモブを仕掛けよう!

池袋で生まれた「手拍子足踏み楽団」ワークショップに参加してきました♪


記事作成:板垣有(記事一覧

音楽をこよなく愛す、走るライター。
学生時代は水泳で日本選手権に出場した体育会系。

現在はメディアのゴーストライター、雑誌、本、ムック本などを執筆しています。

フルマラソン完走。

 

 


 

2019年4月20日(土)に行われた「手拍子足踏み楽団ワークショップ」に、音楽好きな池ブルックリンのメンバー板垣が参加してまいりました♪5月19日に池袋駅西口・東京芸術劇場前で行われる本番パフォーマンスに向けてのワークショップになります。

 

当日はnest marcheが開催されており、晴天にも恵まれ、南池袋公園は家族連れのかたがたなどで大賑わい!

 

「手拍子足踏み楽団」「池袋あちこちオーケストラ」は「池ブルックリン」と同じく、“「わたしらしく 暮らせるまち。」をみんなでつくる”「としまぐらし会議」から出発したプロジェクトの一つです(主催:豊島区わたしらしく暮らせるまち推進室)。現在は“手拍子と足踏み、声を使って音楽を生み出す”(フラッシュモブ)「手拍子足踏み楽団」と、“楽器を使って音楽を生み出す”「池袋あちこちオーケストラ」があり、いずれも「団長」の鳥山ヨシキさんを中心に活動しています!「池袋あちこちオーケストラ」はピアニカ、リコーダー、ウクレレなど、持ち運べる手軽な楽器を総動員して街のあちこちで演奏するものです。

 

(手拍子足踏み楽団作戦会議FBページ)

https://www.facebook.com/groups/327841788005820/

 

※「手拍子足踏み楽団」のこれまでの経緯や前回のパフォーマンス(フラッシュモブ)については、大塚新聞さんがとても詳しく素敵な記事を載せていらっしゃいます♪

http://otsukatimes.com/190402gakudan.html/

 

※フラッシュモブとは、事前に申し合わせた多数の人々が公共の場などで突如パフォーマンス(ダンスや歌など)を行う行為です。

 

※鳥山さんは音楽団「あめすい」、芸術全般を巻き込んだ「よるすい」、親子フォークダンス・読み聞かせの「耳のおやつ」も主催していらっしゃいます。

 

手拍子足踏みの音に吸い寄せられて行ってみると・・

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、体験当日に板垣は外せない野暮用事があり、少し・・いや、かなり・・遅れて到着しました。南池袋公園に着くと、手拍子足踏みの音がハッキリと聞き取れました!「いま行きます~~!!」

曲は色褪せることのない名曲、Queenの「We Will Rock You」。映画『ボヘミアンラプソディー』効果で認知度も再上昇中!

 

折しもメンバーの皆さま、試行錯誤しながらパフォーマンスしているところでした。鳥山さんだけでなく、参加者の皆さまの顔がとってもキラキラ輝いているのが印象的♡

 

手拍子と足踏みの組み合わせ、実際にやってみるとかなり難しい!!

 

 

団長だけがパフォーマンスを考えているわけではなく、皆さんからアイディアが闊達に飛び交います。板垣はリズム感覚ゼロなので、汗、全くついていけず・・。これでも普段、運動もしているのですが…手と足を使い、時には裏拍子を打ち、更には手を上げ…歌まで歌う余裕はゼロです。傍から見ると簡単そうなのですが、やってみると非常に難しい!!“なんちゃって元・音楽ライター”の私は、恥ずかしくて冷や汗が^^;

 

それでもキラキラ輝く皆さんの笑顔に支えられ、見よう見まねで楽しくパフォーマンスに加わらせていただきました!その後、「オー・シャンゼリゼ(Les Champs Elysees)」を楽器と歌に分かれて皆で合わせました(私が来る前に一度、時間を取って合わせていたとのことでした)。

当日の動画はこちら♪散らばっていたメンバーがそれとなく集まるフラッシュモブ形式です。

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=Dq-XT84hZEU&app=desktop

Movie by SHADOW MOON

パフォーマンスを終えて

 

改めて見ると、皆さんとてもカッコいい!楽しいオーラに溢れているからですね、きっと。皆で音楽を作るのって、こんなに楽しく、気持ちの良いものなのだと再発見しました。今まで聴き手ばかりで音楽に参加した経験に乏しく、「演奏の才能がない」と諦めていた私。音楽へのかかわりかた、楽しみかた、参加の仕方の新しい方法を発見して、開眼した気分になりました。終わった後はスポーツの後のようにデトックス♪心が洗われて軽くなっていました^^この爽快感はたまりません~!この日、初めてお目にかかったかたがたとの交流もまた楽しく、ココロが気分よくピョンピョン飛び跳ねているような開放的な感覚に浸っていました^^

 

楽団結成の経緯

 

「としまぐらし会議」から派生した「手拍子足踏み楽団」。結成当初は“音楽でフラッシュモブのオーケストラを”という企画を立てていたのだそうです。しかし「どこからオーケストラを呼ぶ?」「クオリティを上げるならお金を払う?」などの問題が出てきて、実現には至りませんでした。バラバラになってしまったメンバーたち。鳥山さんは「メンバーに頼らず一人で動けて続けられるもの」「外から呼んでくるのではなく、自分たちで演奏したりできるもの」を考えたといいます。結果としてたどり着いたのが“手拍子足踏み”でした。楽団員の菜穂さんは「やるなら本気で、“この程度だよね”じゃないクオリティにもっていきたい。プロフェッショナルだけど、心はオープンでいたい!」と目標を語ってくださいました。本気で楽しんでいるからこそ、皆さんのあの笑顔があるのですね。

 

今後の目標・意気込みは?

 

5月19日の本番フラッシュモブ@池袋西口・東京芸術劇場前に向けて、鳥山団長に意気込みを伺うと・・。「今回は100人規模を目指しています」とのこと。前回3月24日TRAMパル大塚で行われた本番フラッシュモブは50人くらいの参加があったのですが、今回の目標はその倍!それでも難なくクリアできるのでは?と個人的に感じました。(主に地域)メディアに熱く取り上げられ、周囲からの期待値がとても高くなっていること。実際に参加してみてメンバーさんたちがとても楽しそうにしていらっしゃること。勢いがあります!そして体を動かして音楽を作り上げる喜びに中毒性があること!プリミティブな音楽の喜びを感じられます。そんな楽しくってワクワクする集まりなので、きっと100人・・はもちろん、鳥山団長の最終(?)目標の1000人ですら叶うと思います^^

 

集まりに出向けば、鳥山団長も楽団員さんも、きっと笑顔で皆さんを迎えてくれます♪そして今までに味わったことのないような音楽の楽しみ方ができるはず。情報を載せておきますので、お時間のあるかたは5月19日に是非足をお運びください!

(今後も池ブルックリンは、「手拍子足踏み楽団」を追っていく予定です。お付き合いいただけましたら幸いです!)

 

開催予定

☆本番パフォーマンス

5月19日(日)12:00~12:15 東京芸術劇場前(池袋駅西口)

(本番練習は10:30~)

※参加無料、申し込み不要です。

※本番は雨天決行。雨天の場合はレインコートでご参加ください。

 

~皆さまのお越しをお待ちしております。~

 

 

【この記事を書いた人】

板垣有(いたがき ゆう)

音楽をこよなく愛す、走るライター(泳ぐのも好き)


豊島区を楽しむフリーペーパー「MIOSK(ミオスク)vol.1 豊島区で羊肉をめぐる冒険へ」が発行されました!

PDF版はこちら

池ブルックリンの活動を支援する(オリジナルグッズの返礼品アリ!)