池ブルックリンについて

 わたしたちが面白がれば、マチはもっと楽しくなる。カオスな豊島区をディープに伝える情報サイト。

豊島区で住む・働く有志メンバー「池ブルックリン」が発信する、豊島区の情報サイト。

「わたしたち自身が、豊島区の面白いところを発見する」スタイルで、楽しみつつマイペースに活動中。

ディープな豊島区の魅力を、楽しく遊びながら発信します。

池ブルックリンのキャラクター「としまくま」。 「と」+縞熊(しまくま)で、としまくまです。

豊島区について

懐の深さ―――多文化が共生するカオスな面白さ

池袋で毎年開催されるバングラデシュの正月祭りに集まる人たち

豊島区の住民は約29万人。そのうち3万人以上を外国人が占めます。

国籍も、中国を筆頭に108か国の人びとが集まり、まさに多国籍。

また、街を行きかうふつうの人びとも、区内で働く会社員や大学の学生さん、乙女ロードを賑わすアニメファンたち、鬼子母神のてづくり位置を訪れるファミリー…と多種多様。

この人々の多様性こそが、私たち池ブルックリンが面白いと思うところです。

豊島区民は絶滅危惧種?!

自由学園 明日館でのビール祭り

2014年に東京で唯一「消滅可能性都市」に指定されるという屈辱を味わった豊島区。

2050年には豊島区民が絶滅する、という非常事態。

その理由はさまざまですが、一つには「別にこの街に愛着があるわけではない」ということがありました。
池ブルックリンのメンバー自身も「たまたま引っ越した先が豊島区だった」「働く先がたまたま豊島区だった」というだけの人もいます。

でも、長く住んでみると意外な発見や愛着もあるもの。縁のあった街、せっかくなら楽しんでしまった方がいいじゃない?というわけで、豊島区を楽しもうとするメンバーが集まって「池ブルックリン・プロジェクト」が生まれました。

池ブルックリン・プロジェクトとは

池ブルックリンの名前の由来

編集会議の様子

池ブルックリン=池袋 ×ブルックリン(Ikebukuro Brooklyn) の造語。

ニューヨークの中でも独特のトガった文化を生み出す街、ブルックリン。

実は、かつてのブルックリンは「工業地帯で治安が悪い」「移民や貧困層が多い」として、あまり良い印象では語られなかった街なのです。

しかし、さまざまな国から来た移民たちの文化が混ざり合うこの街に、アーティストやクリエイティブな若者が注目。多様性を受け入れる街として、独特の存在感を生み出します。

池袋を中心とした豊島区も、「繁華街が多く、治安が悪そう」「子育てに向かない」「都心の割に家賃が安いから、しょうがなく住んでいる」「渋谷、新宿に比べると圧倒的にダサい」「埼玉県民の東京」「名前がダサい」など、さんざんな印象を持たれがち。

でも、私たち、豊島区に働いたり、住んでいるメンバーは、豊島区の可能性を信じています。

  • 「誰もが自然体で暮らせる街」
  • 「緩やかなコミュニティがある街」
  • 「多様性を受け入れるディープで面白い街」

そんな豊島区の魅力を知りたい!伝えてほしい!伝えたい!という気持ちでこのプロジェクトを発足させました。

モットー

豊島区に暮らす・はたらく人たちが
地元の知られざる魅力を発見し、発信する。

「ふつうの人」の「ふつうの暮らし」こそが多様で面白い。

真の多様性を受け入れる街・豊島区を実現!

メンバー紹介

(50音順)

織田博子

駒込在住/マンガ家・イラストレーター。このサイトの編集長。

2016年から豊島区で子育て中!冬のシベリアやシルクロードなどを旅して、旅マンガを描いています。

織田博子公式サイト

板垣有

音楽をこよなく愛す、走るライター(泳ぐのも好き)。

秋元志保

池袋で働く特定行政書士、申請取次行政書士。
周りの人を笑顔にする頼れる行政書士を目指して日々奮闘中です。プライベートでは無類のビール好き。

めぐ

シーナと一平(椎名町)で、週1回(水曜昼)「世界のお万菜」を主催。世界各国のごはんに合う料理を出しています。

たいき

池袋勤務/経営企画

ダックスフンドが大好き。休日は愛犬と共に豊島区界隈を探検しています。

ちほ

雑司が谷在住/編集者(2年ぶり2度目の育休中)

ファッション村でカルチャー好きを標榜しています。

とみさん

目白在住/広報スペシャリスト

旅と食と写真をこよなく愛する知命。星のソムリエとしても活動中。

みき

千川在住/人材育成コンサル・研修

一人ひとりのチガイはチームのチカラ。働く人と組織を元気にする仕事をしています。酒と食が大好き。

めぐロッカー

上池袋在住/アイディアのプラットフォーム「IDEAis」主催。

音楽や映画が好き。最近はキャンプやアウトドアにはまってます。

得意分野は、映像編集。

よーこ

雑司が谷在住/料理家、フードデザイナー

おいしいものの背景にある自然を愛し、山菜や貝などのアウトドア料理も得意としています

メンバー募集

 

編集会議の様子

池ブルックリンでは、常時メンバーを募集しています!
参加できるときに参加する気軽なスタイルです。お気軽にご連絡ください。

メール

Twitter

Instagram

Facebook

定期ミーティング

毎月第三金曜日18:00~21:00、豊島区のどこかで開催。

どなたでも自由に参加できます。詳細はFBページをご覧ください

よくある質問

Q.編集やライターとしての経験がないのですが、参加できますか?

A.全く問題ありません!

Q.豊島区民でなくても参加できますか?

A.豊島区が好きな人であれば誰でもOKです。

Q.本業が忙しいため、たまにしか参加できません。それでも大丈夫でしょうか?

A.全然問題ありません!参加できるときに参加するスタンスで。

Q.活動に対する報酬はありますか?

A.ありません!ボランティアです。

Q.未成年でも参加できますか?

A.できます!

Q.ミーティングに参加するのが難しいですが、それでもメンバーになることができますか?

A.どんな形でも関わることができます。ぜひメンバーになってください!