豊島区で世界の食文化にふれる料理教室#2 ラダック(インド)の料理 開催レポート!

 

豊島区で世界の食文化にふれる料理教室 第二弾は「インド・ラダック地方」!
世界の料理好きの織田、さっそく行ってきました。


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 

今日のメニュー

  • バター茶…発酵した黒茶にバターと塩を入れたお茶
  • チャイ…紅茶と牛乳、スパイスを煮込んだお茶
  • チュータギ…野菜や肉を入れたカレー状のスープの中に、蝶ネクタイ型の小麦粉の生地が入った料理
  • ペマール…バター、砂糖をいれたお茶を大麦粉で練ったお菓子

聞いたことも見たこともない料理に心が躍ります。

まずはお茶でおもてなし。
講師のスカルマ・ギュルメットさんは「私のお茶は料理教室でとても人気です」と自信を見せます。

発酵した黒茶で入れた塩入りのお茶。クナックというそうです。

これをグルグルという器具に入れて、お餅をつくように混ぜます。

グルグルは「お茶をグルグルする」からグルグルなんだそうです。
ラダックでもそう呼ばれているとか。

バターがたっぷり入ったお茶が完成しました!

飲む前に、薬指でピンっと上にはじき、「チョット」と言って神様にささげるのだそうです。

バターが入っていてまろやかな味わい。
私はミルキーの味に似てると思いました。

インド風のチャイも

紅茶の葉っぱをゆっくり煮だし、牛乳、スパイス(カルダモン、シナモン、しょうが)とともに沸かします。

まろやかで濃くておいしい!

次は、ラダック風スープカレーのチュータギ。

にんにく5片(コロナ対策で多めに入れたそうです)を、たっぷりの油で茶色くなるまで。

たまねぎ茶色くなるまで(ドライたまねぎでもOK)焦がさないように

クミンシードターメリック、コリアンダーパウダー、黒こしょう、しょうがみじん切り、トマトを入れて煮込む。
じゃがいもやほかの野菜も入れます。

煮込んでいる間に、生地を作ります。

独特の形は、「スープが生地の中をよく通るように」この形なのだそう。

筒状にしたのち、筒状の端をくっつけます。この時、筒状の部分はつぶさないようにします。(生地の中をスープがよく通るように)

生地も入れて煮込み、完成!

カレー風ですが、トウガラシが入っていないので、辛くありません。
上品なスパイスの風味が、どこか懐かしい感じ。
すいとんに似ていると思いました。

「スパイスがお酒やしょうゆになったら、日本でも同じような料理がありそうですね」と参加者さんの言葉。
それくらい、作り方が日本の料理に似ています。

ラダックと日本をつないで持続可能な未来をつくる

講師のスカルマ・ギュルメットさんは、20年前に来日。日本語が堪能です。
ラダックはインドに属するため、国籍はインドですが、
「インドにいても、日本にいても、『インド人』とは思われません」と笑います。
ラダックの人はラダック語を話し、チベット仏教を信仰しており、顔つきもどちらかというと日本人に近いような印象。インドのイメージとはかけはなれています。

ラダックは長く自給自足の生活をしてきたけれど、
貨幣経済が入ることで急速にその文化が失われていくことに
スカルマさんは強い危機感を持っています。

NPOジュレー・ラダックを設立し、ラダックの文化を伝え続けています。

「ラダックの暮らしは、伝統的な文化で循環的な自給自足生活を守ってきました。この暮らしから学ぶことで、持続可能な社会の在り方を考えていきたいと思っています」

 

ラダックの料理を食べながら、ラダックの美しい山岳風景を見て、人生で初めて一番「ラダック」のことについて考えた料理教室。

自分の世界がまた広がった、楽しい時間でした。

池ブルックリン主催のイベント、次回は「世界とつながる料理教室 #11

 

豊島区で世界の食文化にふれる料理教室 第二弾は「インド・ラダック地方」!

世界の料理好きの織田、さっそく行ってきました。


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 

 

今日のメニュー

バター茶…発酵した黒茶にバターと塩を入れたお茶

チャイ…紅茶と牛乳、スパイスを煮込んだお茶

チュータギ…野菜や肉を入れたカレー状のスープの中に、蝶ネクタイ型の小麦粉の生地が入った料理

ペマール…バター、砂糖をいれたお茶を大麦粉で練ったお菓子

聞いたことも見たこともない料理に心が躍ります。

 

まずはお茶でおもてなし。

講師のスカルマ・ギュルメットさんは「私のお茶は料理教室でとても人気です」と自信を見せます。

 

発酵した黒茶で入れた塩入りのお茶。クナックというそうです。

 

これをグルグルという器具に入れて、お餅をつくように混ぜます。

 

グルグルは「お茶をグルグルする」からグルグルなんだそうです。

ラダックでもそう呼ばれているとか。

 

バターがたっぷり入ったお茶が完成しました!

 

飲む前に、薬指でピンっと上にはじき、「チョレー」と言って神様にささげるのだそうです。

 

バターが入っていてまろやかな味わい。

私はミルキーの味に似てると思いました。

インド風のチャイも

紅茶の葉っぱをゆっくり煮だし、牛乳、スパイス(カルダモン、シナモン、しょうが)とともに沸かします。

 

まろやかで濃くておいしい!

 

次は、ラダック風スープカレーのチュータギ。

 

にんにく5片(コロナ対策で多めに入れたそうです)を、たっぷりの油で茶色くなるまで。

 

 

たまねぎ茶色くなるまで(ドライたまねぎでもOK)焦がさないように

 

クミンシード、ターメリック、コリアンダーパウダー、黒こしょう、しょうがみじん切り、トマトを入れて煮込む。

じゃがいもやほかの野菜も入れます。

 

 

煮込んでいる間に、生地を作ります。

 

 

独特の形は、「スープが生地の中をよく通るように」この形なのだそう。

 

 

筒状にしたのち、筒状の端をくっつけます。この時、筒状の部分はつぶさないようにします。(生地の中をスープがよく通るように)

 

 

生地も入れて煮込み、完成!

 

カレー風ですが、トウガラシが入っていないので、辛くありません。

上品なスパイスの風味が、どこか懐かしい感じ。

すいとんに似ていると思いました。

「スパイスがお酒やしょうゆになったら、日本でも同じような料理がありそうですね」と参加者さんの言葉。

それくらい、作り方が日本の料理に似ています。

 

「ラダックと日本をつないで持続可能な未来をつくる」

 

講師のスカルマ・ギュルメットさんは、20年前に来日。日本語が堪能です。

ラダックはインドに属するため、国籍はインドですが、

「インドにいても、日本にいても、『インド人』とは思われません」と笑います。

ラダックの人はラダック語を話し、チベット仏教を信仰しており、顔つきもどちらかというと日本人に近いような印象。インドのイメージとはかけはなれています。

ラダックは長く自給自足の生活をしてきたけれど、

貨幣経済が入ることで急速にその文化が失われていくことに

スカルマさんは強い危機感を持っています。

NPOジュレー・ラダックを設立し、ラダックの文化を伝え続けています。

「ラダックの暮らしは、伝統的な文化で循環的な自給自足生活を守ってきました。この暮らしから学ぶことで、持続可能な社会の在り方を考えていきたいと思っています」

 

 

 

 

ラダックの料理を食べながら、ラダックの美しい山岳風景を見て、人生で初めて一番「ラダック」のことについて考えた料理教室。

 

自分の世界がまた広がった、楽しい時間でした。

 

池ブルックリン主催のイベント、次回は「世界とつながる料理教室 #11 ムガルカフェのビリヤニ料理教室」 。お楽しみに!


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら