池袋『ビアパブ カムデン 池袋東口店』訪問!

記事作成:秋元志保(記事一覧
目白→雑司が谷→東池袋→千川在住/行政書士
「みんなが笑顔になる」地域に根ざした市民法務に取り組んでいます。
プライベートの楽しみはビールと銭湯。
ビールだらけのインスタグラムはこちら

 


 

池袋東口すぐ、隠れ家的なお店

(取材日:2019年7月17日)


池袋東口、ヤマダ電機の裏手。昔ながらの喫茶店「皇琲亭」の2階にお店はあります。おしゃれな看板がちょこんと出ているだけなので、よく通る道なのですが、不覚にも全く気づきませんでした。

こんなところにおしゃれな看板が!

「カムデン」は池袋東口店の他にも西口店、南池袋店もあり、それぞれ特色のあるお店になっていて、全店舗制覇するのも楽しそうです。

東口店は、週替わりのクラフトビールとイギリス、アメリカを中心とした50種類以上のボトルビールが売り。3店舗の中では一番広い席数40。週末はランチも営業しています。

建物に入ってすぐの階段を上り、2階へ。

階段下に本日のクラフトビールのボードはあれども、店舗の入口には特になんの装飾もなく、ある意味潔い。知らないと入りにくい感じですが、隠れ家感はあるかも。

扉を開けるとコンクリート打ちっぱなしの店内の奥にカウンターとタップが並ぶ。水曜日の19時で席は3分の1ほど埋まった状態。客層はいろいろだが30~40代くらいが多い印象。仲間とのおしゃべり組もいればデート風のカップルも。時間の経過とともにお客様が増えてきて、人々の声で店内は活気に満ち、本場ビアパブのような雑多な感じが心地よい。店員さんは、忙しく店内を駆け回り、愛想がいい!とは言えないけれど、ビールが出てくるのが早いので個人的にはそれでよし。

【本日のラインナップ】

★「SNOW MONKEY IPA B-side」

志賀高原ビール

ハーフサイズ:大好きな志賀高原ビール。久しぶりのスノモンを発見して迷わずファーストオーダー。にごったオレンジ色から柑橘系のいい香り。トロピカル&ヘイジーで、ホップ好きにはたまらない一杯です。レギュラーサイズにすればよかったなぁ。

★「Apricot Sour Anglo Japanese Brewing」

レギュラーサイズ:アメリカ産のホップと長野産のアプリコットピューレを使用したケトルサワー。ジメジメ天気に負けないすっきり爽やかな酸味を期待していたら、かなりガツンとくる酸味が!優しく癒されるというよりは、背中をたたかれて鼓舞される感じです。ちょっと優しくされたい気分だったので、好みが分かれるスタイルかと。

★「Coffee Stout」SUNMAI BREWING

ハーフサイズ:初めて聞いたブルワリーと思ったら台湾No.1のブルワリーとのこと。アジア勢の頑張りに期待してオーダー。深入りの麦芽と中浅煎りのコーヒーがベストマッチ。じっくり味わって飲みたいこのビールには甘いデザートが似合います。

★「Interurban IPA」FREMONT BREWING

ハーフサイズ:同行者のおすすめでフリーモントのIPAをチョイス。今日イチ、きました!!フリーモントの定番IPAとのことですが納得の出来栄え。柑橘系の爽やかさの中にふんわり優しい香り。一口飲むとIPAらしい苦みがくるものの、後からくる甘みで包まれる感じがナイスバランス。これはまさに、本日私が求めていた癒しの味。どこまでも飲み続けられます。

例えるなら《巨人の星》の星一徹と星明子。この最強のアメとムチで、大リーグも夢じゃないかも。(奇しくもアメリカビール(笑))

食べ物もおいしい!

食べ物は【本日の裏フード】から2品チョイス。

 

★特大キャットフィッシュ&チップス

ビアパブといえば「フィッシュ&チップス」。しかも特大!4人で切り分けてちょうどいいボリューム感です。ビールがすすむこと間違いなし。

★ホウレン草と温玉のポパイピザ

これ、絶品!事前調査で食事が美味しいとは聞いていたけれど、小ぶりながらも厚めの生地に具材がたっぷり!しかも温玉って、もう参りました。もちろんビールにも合いますよ。

そして反省点・・・

このお店、《特製オリジナルバーガー》が売りだというのに、ビールでお腹がいっぱいになってしまい食べられなくなってしましました。なんという計画性のなさ(泣)大のオトナがペース配分できずにビールを飲んでしまう。そんなラインナップだったということが伝わればこれ幸いかと。他の食事も美味しかったので、次回は絶対に試したいです。

ビール好きに性別も年齢も関係なし!ワイワイ楽しく取材しました

今回は、あるビール講座で知り合ったビールジャーナリストでビール愛熱い青年とその講座でご一緒させていただいた超ビールマニアでスーツ好きのジェントルマンとインスタグラムでビールの普及活動に励んでいる可愛いビール女子と共に楽しんで取材をしてきました。

年齢も、性別もバラバラ。【ビールが好き】という共通点しかないメンバーですが、飲んで語って笑って、飲んで語って笑って・・・・(エンドレス)あっという間の楽しい時間でした。ビールって奥深くて、やっぱり楽しい飲み物だなぁ、そんなことが再確認できた集いでした。梅雨のジメジメ、夏の暑さの特効薬!「クラフトビール」を注入して、仕事も勉強も元気に乗り切りましょう!

『ビール好きに悪い人なし』を座右の銘にしようかと思案中の秋元がお届けいたしました。

カムデンHP: http://beerpubcamden.com/


豊島区を楽しむフリーペーパー「MIOSK(ミオスク)vol.1 豊島区で羊肉をめぐる冒険へ」が発行されました!

PDF版はこちら

池ブルックリンの活動を支援する(オリジナルグッズの返礼品アリ!)