ビールソムリエがおすすめを選んでくれる「池袋の風」(池袋・東通り)でミーティング!

次号のMIOSKは、「豊島区とビール」特集!

池ブルックリン、恒例のミーティングはいつも「豊島区で今気になっているお店」でワイワイ飲みながら楽しく行ってます。
今回は池袋・東通りにある「池袋の風」さんでミーティングです!

定期ミーティングは第三金曜18:00~21:00開催!誰でも参加できます。
場所は毎回変わるので、詳しくはこちらをご覧ください。

前回のミーティング記事はこちら@「ビーボ!ビア&ダイニングバー」


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 

お店の雰囲気

大人の街・東通りに入ってすぐにある「池袋の風」。

お店は小さそうですが、意外と奥行きがありたくさんの人でにぎわっています。
この日は金曜日ということもあり、事前に予約して18時に入店しましたが
すでにだいぶ混んでいました。

メニューに「シークレット」?さっそくメンバーが頼んでみたよ

早速メニューを見ると「ビール変態の選ぶ、おすすめビール」。
ノルウェーやスウェーデンの見慣れない名前のクラフトビールが並ぶ中、一番下に「シークレット」の文字が。

さっそく店員さんを呼ぶと、「ビール変態」と書かれた名札をつけた店員さんが。
「シークレットは、店員おすすめのクラフトビールをチョイスしてお持ちします!」とのこと。

メンバーはこぞってシークレットを頼んでみました。

その結果、来たのはこちら(同じものが出るとは限りません!)。

Milk Stout Nitro(アメリカ)

二酸化炭素ではなく窒素で泡を作ったという変わり種のビール。
味は「コーヒー」?見た目も味もアイスコーヒーを飲んでいる気分。

醸造所:LEFT HAND(アメリカ)

New England Style(アメリカ)

にごりが出るほどにホップを使っているとのことで、香りも味もとてもフルーティー!
個人的に一番好きです。

醸造所:REVISION(アメリカ)

こちらも話題の醸造所・REVISIONのビール。

醸造所:REVISION(アメリカ)

  

他にもいろいろ…

ぜひ、シークレットを試してみてくださいね!

お通しも有名

さらっと出されたお通しの「タンシチュー」、さり気に絶品でした。有名なメニューなのだそう!

帰りに出していただいた雪見だいふくのようなデザートも、かわいく盛られていておいしかった。

ビール好きな気の合う仲間とワイワイしたい

店員さんのビール話がすごく面白く、ビール初心者の筆者もとても楽しめました。
あと、店員さんの心配りや対応がとても素晴らしく、「また来たい!」と思わせるお店でした。

ミーティングのテーマ「池ブルックリンを表す言葉を定義したい!」

みんなでビールを飲みつつワイワイ言って

「わたしたちが面白がれば、マチはもっと楽しくなる」に仮決定しました!

あと、「いたばしTIMES」編集長のチュウゾウさんが来てくださって、参考になるお話を聞けました。

店舗情報

関連ランキング:居酒屋 | 都電雑司ケ谷駅東池袋駅池袋駅

 


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 


豊島区を楽しむフリーペーパー「MIOSK(ミオスク)vol.1 豊島区で羊肉をめぐる冒険へ」が発行されました!

PDF版はこちら

池ブルックリンの活動を支援する(オリジナルグッズの返礼品アリ!)