千川駅の秘境カフェ『ひじり湖』にモーニングを食べに行ってきました!

千川民が気になりすぎているカフェ、「ひじり湖」に突入。

千川にとても、お得なモーニングセットを出してくれる老舗のカフェかあると聞きつけて、池ブルックリンメンバーの千川在住の美樹さん、しほさん、めぐロッカーがモーニングを食べに行きました!

 

「ひじり湖」の場所は、東京メトロ有楽町線、千川駅の1番出口を出てまっすぐ行き、ココスの先の雑居ビルの2階です。

千川駅の1番出口を出てまっすぐ行き、
ココスの先のビルの2階です
2階に「ひじり湖」の文字が
若干、「ヒ」の文字がとれていますが、、

 

ひじり湖のレトロな入り口。オーナーはちょうど買い物中でした笑

池ブルックリンメンバーでパシャリ

さて、どんなモーニングセットが食べれるのか、期待でドキドキです。

 

多彩なメニュー。とにかく安い!

 

お店の中に入ってきました。

時間は土曜日の朝、9時30分。お客さんはまだいませんでしたので、

店内をパシャリ。店内の様子はこんな感じ。昭和なレトロな雰囲気が漂っていますね。

きれいに掃除されています。

 

さて、何よりお腹がすいた!とことで、早速メニューを選びました!

メニューを選ぶ池ブルックリンメンバー
外のメニューと若干違うところがいいですね

それぞれ違うセットを頼んでみようということになり、めぐロッカーはモーニングセット(450円)、美樹さんはドライカレーセット(700円)、しほさんはホットケーキセット(600円)を頼みました!

さて、どんなモーニングが来るのか、、ドキドキ。

テーブルの上にはなんと常駐でMINTIAが、ちょっとしたお口のマナーにいいですね!

タバコを吸う人用でしょうか

 

次々と出始めるセット内容、お好み焼き??

さて、食事が出始めました。

まずは、つきだし?で、お好み焼きとパンとお菓子。が出てきました。

モーニングでお好み焼きが出たのは、初めてでかなりびっくり(笑)

 

つき出し的な、パン、お菓子、お好み焼き(3人分)

お好み焼きをまず最初に食べました。昨日の夕食の残り感がありますが、

美味しかったです(笑)

恐る恐る、お好み焼きをほうばる

 

そしてきました!モーニングセット!!これで450円!!安い!

サラダ、フルーツ、パン、サンドイッチのセットです。これにコーヒーがつきます。

 

モーニングセットを食べるめぐロッカー。食べきれません(笑)

 

次に、しほさんが頼んだホットケーキセットが運ばれてきました。

これもかなりのボリュームがありますね!

 

朝から食べたらかなり満腹になりそうなホットケーキセット、これにサラダ、コーヒーがつきます

 

次にドライカレーセットが運ばれてきました!

何故か家で作ったような安心感があるドライカレーです。

ドライカレーセット、サラダ、コーヒーがつきます

 

さらに、りんごジュース3人分が追加。

りんごジュースはすべてのセットについてきました

そして極め付けはワイン‼️

もはやどのセットについてるのか不明ですが、朝からワインが飲めるとは、かなりお得です。

おそらくドライカレーセットのワイン

すべてのセットメニューがでてきて、メンバーは大満足。

すべて食べきれなかったのは言うまでもありません。

女性にはこのボリュームは朝から厳しいかも笑

コーヒーは絶品の味。なめたらあきません。

ご飯をたらふく食べた後は、ほっと一息、コーヒーで静まります。

このコーヒーがとても美味しい。やはり老舗のカフェだけありました。

インスタ映えしそうなレトロ感があります

【オーナーにお話を伺いました】

少し、オーナーにお話を伺いました。

ひじり湖という名前は、長野のひじり湖(聖湖)からとっているとのこと。

この店は、20年くらいやっているということでしたが、千川在住の美樹さん曰く、

「絶対に30年以上はやっている!!」ということでした。オーナー少し恥ずかしかったのですかね。

 

【入りづらいが、入ってみたら違う世界が見れる「ひじり湖」の魅力】

絶対お得なひじり湖のセット。千川に来た際はぜひ寄ってみたらいかがでしょうか。

若干入りづらい雰囲気がありますが、そこは勇気を出して踏み入れてくださいね!

音楽は、僕が好きなサムクックの音楽など、ブルース中心にかかってました!音楽も、オススメです!

 

【この記事を書いた人】

めぐロッカー

音楽、映像が趣味。池袋歴は15年ほどの、池ブルックリン創設メンバー。

サムクックの音楽は最高です。


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら