雑司ヶ谷で、まちの新しい風に。オーガニックな八百屋さん「Ecoloupe(エコループ)」

こんにちは!池ブルックリンです。今回は、雑司ヶ谷の素敵な八百屋さんを愛するくみこさんからご寄稿をいただきました。
海外に行けない今、電車で行ける外国の風を感じてみてはいかがでしょうか。


こんにちは、豊島区在住のくみこです。

今年1月、まちの食堂「都電テーブル鬼子母神前」のニュースで、別のお店に変わることを知りました。馴染みのお店が無くなるのは寂しいことですが、変化がゆるやかな雑司が谷に新しいお店ができると聞くと無性に心が踊ります。

新しいお店の「Ecoloupe(エコループ)」は、オーガニックな野菜やお菓子を扱う八百屋さん。買い物がてらにランチやカフェでまったりすることができます。

「雑司ヶ谷が盛り上がるぞ!」と感じさせてくれる雰囲気で、気がついたらお店に行くのが週末の楽しみになっていました。そんな、エコループの魅力をご紹介します。

健康や地球環境を気づかう人に、寄りそうお店

副都心線・雑司が谷駅または都電荒川線・鬼子母神前駅から徒歩5分。

豊島区立雑司が谷中央児童公園を超えた場所に、エコループはあります。

中に入ると、左側にはマルシェのようにオーガニック野菜や果物にワインが並び、右側にはカフェエリア、そして奥には解放的なオープンキッチンが広がります。

都電テーブル時代のオープンでのびやかな雰囲気も健在です。

ケーキは、フランスで修行したシェフの手作り

広々としたキッチンカウンターに並ぶお菓子の中で、私がいちばん好きなのはレモンケーキ。素朴に見えて、家では絶対に再現できなさそうな味なんです。まさに絶品。

小麦粉・卵・砂糖・果物・野菜まで安心な素材を使い、フランスの星付きレストランで修行されたシェフが丁寧に作っています。

パンやチーズ、はちみつもこだわりの品揃え。ここまで完璧に揃えられてしまうと、何を選ぶか悩むより、どう組み合わせて楽しむかに思考がスイッチ。そしてついつい、あれも、これもと手が伸びてしまうのでお気をつけあれ。

ベジタリアンも楽しめるカフェ

カフェエリアでは、お店で扱っている野菜を使ったお料理を味わうことができます。

料理は自家製ですべてフレッシュ!丁寧に作られているのを感じると、料理を待つ時間も楽しくなっちゃいますね。

お料理を頼むと出てくるスープ。コーヒーかな?と思いきや、すごく濃い野菜のお出汁!
初体験な味わいに、メインディッシュへの期待も高まります。

そして、あつあつのラザニアが登場。ベジタリアン向けと言われないと気づかないくらい濃厚な旨味たっぷりで、これを食べに再訪したくなるほどおいしかったです。

フムスとファラフェルプレートは、シャキシャキのキャロットラペやキャベツのピクルスが盛り合わせになっていて野菜をたくさん食べられる一皿。もちろんピタパンも手作りで、毎日食べたい味です。

雑司が谷で、海外の風を感じに

カフェはメニューの半数がベジタリアンOKなので、どんな人を誘っても楽しく食事ができる、この辺りでは貴重なお店です。お買い物をたのしみたい方は、野菜やパンの入荷日である火曜日がおすすめですよ。

下町さんぽの合間、海外の風を感じにぜひ訪れてみてくださいね。

また、今後はクッキングクラスやムービーナイトなどの企画も予定されているそうで、エコループの公式インスタグラムで発信しているので要チェック!お茶目なオーナー・サイモンさんを見ているだけで元気がでますよ〜。

Ecoloupe(エコループ)

公式サイト

https://www.ecoloupe.com/

店舗紹介

ecoloupe(エコループ)は、各国のオーガニックマルシェで買い物をしてきた旬の自然な食材や地球を愛するベルギー・フランス人が運営する新しい、安全を科学的に証明するブランドです。 エコループは健康や地球環境を気遣う方へ、より詳しいサービス: 農薬、化学合成肥料、グリホサートや放射能に汚染されていないことを、残留農薬検査や放射能検査を通して生産者ごとに証明しています。また、オーダーを頂いてから食材を農家で用意いただくため、採れたての新鮮な食材がお届けできます。 さあ、自然で安全な食生活をはじめてみませんか?

引用元:https://loco.yahoo.co.jp/place/g-Cfw8fUcpt-k/


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら