「MIOSK(ミオスク)」vol.2~豊島区の中心でビール愛を叫ぶ~ 発行です!

池ブルックリン・プロジェクトが編集・発行する冊子「MIOSK」第二号発行です!

 

豊島区に住む・働く有志メンバー「池ブルックリン・プロジェクト」ではこのたび、豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるフリーペーパー「MIOSK(ミオスク)」の第二号を発行いたします。

電子版(無料)はこちら

MIOSKってなに?

「MIOSK」創刊号は「豊島区で羊肉をめぐる冒険へ」と題し、豊島区内で食べることができる羊肉料理(ウイグル、東インド、ネパール、パキスタンなどの羊料理を食べられるお店)の紹介や、「家庭で作れる羊肉料理」「大塚にあるムスリム・ストリートの紹介」などを行いました。

今回のテーマは、ビール!

第二号のテーマは「豊島区の中心で、ビール愛を叫ぶ」。特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

通販はこちらです!


 

池ブルックリンとは?

東京都で唯一の「消滅可能性都市」になってしまった、豊島区。
「わたしたち自身が、豊島区の面白いところを発見する」スタイルで、楽しみつつマイペースに活動中、
カオスでディープな豊島区の魅力を、楽しく遊びながら発信していきます。

池ブルックリンが生まれたわけ

2014年に東京で唯一「消滅可能都市」に指定されるという屈辱を味わった豊島区。その理由はさまざまですが、一つには「別にこの街に愛着があるわけではない」ということがありました。でも、縁のあった街、せっかくなら楽しんでしまった方がいいじゃない?というわけで、豊島区を楽しもうとするメンバーが集まって「池ブルックリン・プロジェクト」が生まれました。

プレスリリース.pdf

■お問い合わせ・取材依頼はこちら

池ブルックリン(担当:織田)

 

閲覧用データはこちら

■Special Thanks
わたしらしく、暮らせるまち推進室 安達 絵美子 (Emiko Adachi) さん、 宮田 麻子 (Asako Miyata) さん

取材協力
NishiikeMart【西池袋マート】
SNARK Liquidworks
ビアパブカムデン
GIBBON(ギボン)
PUMP craft beer bar
Two Fingers Craft Beer
Namachanbrewing smokebeerfactory大塚店
Beer & Dining NONSUCH 池袋
みらい館大明

日神山 晃一 (Koichi Hikamiyama) さん、
池ブルックリンメンバー
MEGURO Noriko めぐ さん、 Meguro Takamasa さん、 吉冨 太郎 (Taro Yoshitomi) さん、 秋元 志保 (秋元志保) さん、 山元 香那子 (Kanako Yamamoto) さん、 小針丈幸 さん、 杉江 美樹 (Sugie Miki) さん、 瀬田 知子 (Tomoko Seta) さん、 いたがき ゆう (Yu Itagaki) さん、 食を旅するイラストレーター 織田博子(オダヒロコ)


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら