「日本一仕事ができないシェアオフィス」–太古の魂を呼び起こすRYOZAN PARK GRANDがオープンしたから、遊びに行ってみたよ

巣鴨にまた、クリエイティブでプリミティブな秘密基地が誕生

こんにちは!池ブルックリンのマンガ担当・織田博子です。

巣鴨の筋肉オーナーこと、竹沢徳剛さんが作る「RYOZAN PARK」が、巣鴨での新しい拠点をオープンさせたと聞き、さっそく遊びに行ってきました!


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら
旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」(イースト・プレス)


 

RYOZAN PARKについての記事:

「”脱”銀座」して事務所を「RYOZAN PARK大塚」に移してみた体験記ー「豊島区で起業するってかっこいい、と思われるまちにしたい」(池ブルックリン)

竹沢さんについての記事:

「ライフ&ワークが交錯する次世代の場づくり(東京感動線)」

太古の魂とクリエイティブ魂をよびおこすシェアオフィス

巣鴨駅から徒歩3分。
地元では「大和郷(やまとむら)」と呼ばれる閑静な高級住宅街の中にある、一見普通のオフィスビルの中に、GRANDがあります。

この看板が目印
エントランスからただものではない雰囲気

シェアオフィスなのに、入り口が飛び石。この時点で、ノートパソコン片手にスタバのコーヒーを飲みながら来たノマドワーカーはのけぞることでしょう。

Withコロナ時代の最先端、お手洗い場所も完備

Withコロナ時代らしい手洗い場ですが、縄文式土器を思わせるフォルムと石で、手を洗いながら先祖たちの生活に思いをはせることができます。
(思わぬ場所から水が出てくるので、来訪時はぜひ試してみてほしい)

シェアオフィスです

カードキーをピッとして入ってみた中はこんな感じ。

中に入った瞬間、感じたのは「秘密基地みたい」。
結構広いスペースのはずなんだけど、心地よい隅っこ感があるというか、隠れる場所や遊べる場所がいっぱいあるような雰囲気があるのです。

DNAに刻まれた洞窟生活を思い出す(体験したことはない)会議スペース

「アーティスト、職人と一緒に作った、クリエイティブ魂を刺激する空間」という説明通り、どこか太古の魂をゆさぶられるような、子供時代に返ったような、そんな居心地の良さがある空間です。

集中して仕事ができる空間も

ルキーノ・ヴィスコンティの映画で見たことあるような椅子

もちろん、シェアオフィスなので、集中して仕事できる仕組み作りもあります。
これは奥のほうにある会議室。窓がついていて、換気もばっちりです。

IKEAやニトリも好きだけど、久しぶりに本物の家具を見て「いいな…」って思いました

また、徒歩2分の場所に「RYOZAN PARK ANNEX」というかっちりしたシェアオフィス、「LOUNGE」というラグジュアリーなラウンジもあり、シーンによって使い分けることもできるみたい。(GRAND会員は、他拠点のシェアオフィスも使える)

ANNEX(RYOZAN PARK サイトより引用)
LOUNGE(RYOZAN PARK サイトより引用)

巣鴨の筋肉地主こと竹沢さんならではの贅沢すぎる空間使いを、シェアオフィス価格で使えるのは嬉しい。

シェアオフィスだけど、キッチンがすごい

RYOZAN PARKの特徴である「すごすぎるキッチン」も健在。

オーナーの好きな肉がkg単位で常備されている冷凍庫
シェアオフィスに本格的すぎるオーブン

シェアオフィスって、冷蔵庫とコーヒーメーカーがついてる印象なんだけど、RYOZAN PARKのキッチンっていつもマジなんですよね。

私も中央アジアの羊肉炊き込みご飯「プロフ」を作るイベントを何回もやったんだけど、ここの設備はどんなシェアキッチンにも負けない品ぞろえ!

中央アジアの羊肉炊き込みご飯
ここに住みたい、充実の料理グッズ

次世代型シェアオフィス&遊び場

オフィス利用にも、パーティーで貸し切りも、いろんな利用の仕方がアイディアでどんどん出てきちゃいそうなRYOZAN PARK GRAND。

現在、初期メンバー(30人)募集中のようなので、気になる方はぜひ問い合わせてみてね。

詳細はこちら

巣鴨はもちろん、駒込、大塚からもアクセスが良く、私もここで遊び倒したい!という気持ちになった訪問でした。

これからのシェアオフィス戦国時代の雄となりそうなRYOZAN PARK(梁山泊に由来)、ここからどんな才能が生まれるのか、楽しみです。


豊島区を楽しむマガジン「MIOSK(ミオスク)」はこちらで読めます!

vol.2 豊島区の中心でビール愛を叫ぶ

特集「まちの才能をビールであぶりだす」では、「おいしいビールの前では、年齢も性別も国籍も関係ない!豊島区の多様性を、『ビール』という切り口で紹介!」しています。豊島区にあるクラフトビールの工房や、池ブルックリン・プロジェクトのメンバー推薦のお店をご紹介しています。

PDF版はこちら

vol.1 豊島区で羊肉を巡る冒険

文化がチャンプルーする豊島区の面白い人・モノ・食をディープに、カオスに届けるマガジン「MIOSK(ミオスク)」第一号がついに発行されました! 「MIOSK」とは、豊島区にある山手線の5つの駅「目白(Mejiro)」「池袋(Ikebukuro)」「大塚(Otsuka)」「巣鴨(Sugamo)」「駒込(Komagome)」の頭文字をとったものです。 豊島区にかかわりのある有志のメンバーが、独自の視点で発掘した豊島区のおもしろ情報をお楽しみください!

PDF版はこちら