豊島区で海外旅行【バングラデシュ】大塚でモーニング

豊島区にはいろんな国の人が住んでいます。海外に行けない今、電車で海外旅行を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

大塚は、異国料理好きの間で「第二の新大久保」と呼ばれているくらいインターナショナルな街です。


記事作成:織田博子(記事一覧
食を旅するイラストレーター/マンガ家。
「世界家庭料理の旅」をテーマとして、ユーラシア大陸一周半旅行に行ってきました。
池ブルックリンでは絵と食べるの担当。
公式サイトはこちら

マンガ「世界を旅する母ちゃん 駒込で子育て」(しろいぶた書房)、旅のコミックエッセイ「女一匹シベリア鉄道の旅」、「女一匹シルクロードの旅」、「女一匹冬のシベリア鉄道の旅」「女一匹冬のシベリア鉄道 特製余録」「北欧!自由気ままに子連れ旅」「世界家庭料理の旅(イースト・プレス)出版。


 

南大塚にはモスクがあり、さんもーる大塚のスーパーでベンガル人(バングラデシュ)の家族が買い物している、なんて光景も日常的に見られます。

ベンガル系スーパーマーケットの老舗「ラフマニア•ハラルフード」に加え、2015年頃からネパール系スーパーマーケット、ミャンマー系スーパーマーケットと、多国籍化が進む南大塚。

ラフマニア•ハラルフードのオーナー•ラフマンさんは、複数のレストランを展開するやり手の経営者。

2010年に訪れたバングラデシュ。美しい国です。

親しみやすい笑顔のラフマンさんとは、2013年頃からお店でよく会っていました。

バングラデシュのモーニングはいかが

久しぶりに大塚を朝散歩したら、朝からラフマンさんのお店が開いていました。

ラフマニアなのに、ラマニアになってる看板は新しい店舗でも健在。

モーニングが食べられます。

「テイクアウトはどれくらいでできますか?」と聞いたら、「7分くらいでできます」と言って本当に7分で出てきてびっくり。

テイクアウトのお弁当をもってIKE SUNパークで食べて、としまキッズパークで遊ぶ。
充実した一日になりました。

バングラデシュ・テクナフでの朝食を思い出しました
バングラデシュはいい国です

お店の概要

ベンガル ビストロ スナリ

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目47−2