特集記事 記事

池袋駅徒歩5分で行けるディープ中国で羊肉を食べてきました

投稿日:2018-05-07 更新日:

『MIOSK』第1号の特集は「羊肉をめぐる冒険」を予定しています。編集メンバーは目下、おいしい羊肉が食べられる豊島区内のお店をリサーチ中。

今回訪れてみたのは、池袋の聚福楼 (じゅふくろう)

なじみのない名前の中国東北部の料理がメニューに並び、ウェイターさんに注文すると「啤酒、一个(ビール一つね)」と中国語で確認されるようなお店。

周りのお客さんも中国語を話していて、まるで中国に旅行に来たようです。

「中国に来たみたい…」「ここ、池袋⁈」とメンバーも当惑。

さっそく、羊肉の背中焼肉をオーダーしてみます。

大盛りの羊肉

大きさを2歳児と比べてみました

スパイスもたれもつけずに豪快に焼く

さぞ、羊肉の匂いがキツイかと思いきや、「臭みがなく、おいしい!」「骨にかぶりつく感じがたまらない」と大好評。

豪快にかぶりつく池ブルックリンメンバー

ところてん(涼皮 リャンピー)が入った濃厚なゴマだれのサラダもさっぱりしておいしい

小籠包

食後、池袋の中国人街に詳しいマンガ家の織田さんの案内で、中国•アジアの食材を多く扱うスーパーマーケット「陽光城」を訪れました。

中国ではなく、池袋北口です

店先に並ぶのは鶏の脚。現地っぽさたっぷり

しかも袋からはみでてます。

中華系の調味料が並ぶ棚

中国を中心とした、調味料や冷凍食品が並びます。
価格は輸入品店より安い。

「とてもおいしい delicious」という名前の蚕豆(ソラマメ)のフライビーンズ

モヒカンのキャラクターがゆるくていい味を出しています

お隣は中国南部地方の料理、鴨膀(鴨の首)や鴨頭を扱うレストラン。日本語が全くない看板に自信を感じます

せっかくの花の金曜日、普通の飲みじゃつまらない。

 

せっかく多国籍な文化が息づく豊島区にいるのだから、こんな飲み会をしてみるのが池ブルックリン•ライフの楽しみ。

ぜひ、大人数でワイワイ羊の前足にかじりつきに行ってください!

 

「客引きは 100% ぼったくり」


豊島区を楽しむフリーペーパー「MIOSK(ミオスク)vol.1 豊島区で羊肉をめぐる冒険へ」が発行されました!

PDF版はこちら

池ブルックリンの活動を支援する(オリジナルグッズの返礼品アリ!)

-特集記事, 記事
-

執筆者:

関連記事

「世界とつながる料理教室 vol.0 ウズベキスタンの食卓」イベントレポート

「世界とつながる料理教室」とは? 居住者の10人に1人以上が外国人という、超グローバルシティ・豊島区で行われている 「食で世界とつながる」ための料理教室です。 記念すべき第一回目が、2018年10月2 …

no image

大塚マスジド(モスク)の記事、「宮城や福島で炊き出し100回、なぜならそれがジハードだから。被災地でカレーをふるまい続けたムスリムたちの話」をシェアします

大塚にイスラム教徒の集まる、モスクがあるのをご存知ですか? 素晴らしい記事があったのでシェアします。 「宮城や福島で炊き出し100回、なぜならそれがジハードだから。被災地でカレーをふるまい続けたムスリ …

池袋西口がバングラデシュになる!歴史ある「正月祭り」(ボイシャキ・メラ)で羊のカレーを食べてきました

こんにちは!池ブルックリンメンバー マンガ家の織田博子です。 豊島区を中心に、さまざまな国の文化を知って楽しむ活動をしています。 池袋で、バングラデシュの正月祭りに行ってきました! 唐突ですが、皆さん …

物々交換からうまれるご近所づきあい。「みそのわ」の新しい試み

「モノ」と「モノ」を通じて、地域の人と「おたがいさま」な関係を作りませんかー 地域のみんなでみそを仕込んだり、コーヒー豆をひいてみたり。 毎回、オリジナリティあふれるイベントを開催している「みそのわ」 …

IKEBlooklyn LIFESTYLE BOOK「MIOSK(ミオスク)」

< “ MIOSK-IKE Brooklyn LIFSTYLE BOOK ”創刊号 コンテンツ内容(予定)> 創刊のご挨拶 IKE Brooklyn LIFESTYLE BOOK編集長 創刊インタビュ …